聖霊中学・高等学校
校長先生からのメッセージ

2016年度 創立記念式典

 久しぶりに恵みの雨が聖霊の山々を潤す今日、聖霊中学・高等学校は、第67回の創立記念日を迎えることになりました。この記念式典に大勢の来賓のご列席をいただき、教職員と在校生と共にお祝い出来ますことを、心から喜び、感謝申し上げます。

 

 名古屋の聖霊中学校は1949年に名古屋城の近くの三の丸というところで創立されました。去年の創立記念式典で私は最初の校舎が第二次世界大戦に日本軍の兵舎だったという話をしました。10年以上校舎として使った兵舎がずいぶん古くなったので、1961年から1964年にかけて兵舎を取り壊し、鉄筋5階建ての特別教室棟、6階建ての普通教室棟を新築しました。

 

 今日その新校舎の写真を見せます。最初の写真は去年見せた兵舎の写真です。

 次が、建築中の特別教室棟です。後ろに名古屋城が見えますね。

1-図1.jpg1-図2.jpg

 

 

 

 そして、工事中の普通教室棟の写真です。

 最後の写真は完成した真新しい校舎です。名古屋城がもっときれいに見えますね。

1-図3.jpg1-図4.jpg

 

 

 

 校舎のすぐ前の広くなった出来町通りです。屋上に天文ドームが備えられました。

1-図5.jpg1-図6.jpg

 

 

 

 この時期に生徒数も急激に伸び、中学校12学級、高等学校12学級の体制ができ、全校生徒は1,000人を超えました。聖霊学園が大きく成長するにつれ、父母の会をはじめ学園関係者より、短期大学設置の要望が高まったことから、広いキャンパスを求めました。そして、1970年に瀬戸市せいれい町に全面移転し、同時に聖霊短期大学を開学する運びとなりました。

 

 この写真では二代目の校長シスターパウラが全校生徒に移転の決定を発表しています。

図7.jpg図8.jpg図9.jpg

 6年間しか使ってない三の丸のきれいな校舎は取り壊されてしまいました。とても、もったいなかったですが、短期大学の設置と学園の発展のために必要なことだったのでしょう。

 

 ちなみに移転直後の校舎の様子を見ましょう。この写真は遠足で全校生徒が今のキャンパスに来た時の様子です。

図10.jpg

 

 最初、校舎の色は白でした。K棟とR棟はまだありません。

 少女坂の桜とイチョウの木はまだまだ小さかったです。

図11.jpg 図12.jpg

 

 

(大野先生へのインタビュー)略

 

 聖霊中学・高等学校を築き上げてくださった聖霊会のシスター、旧教職員、諸先輩の方々に感謝をしながら、さらによい伝統のある聖霊中学・高等学校を作っていくという思いを切にこめて、私の式辞といたします。