聖霊中学・高等学校

寄附金に対する税制上の優遇措置について

本校への寄附金は、税制上の優遇措置(寄附金控除)が受けられます。

 

(1)ご寄附者が個人の場合

 

 税額控除制度と所得控除制度のうち、寄附される方がどちらか有利な方を選択することができます。

 

<税額控除>

 1月1日から12月31日までの寄附金総額から2,000円を差し引いた額の40%相当額が、

 その年の所得税額から控除されます。

 寄附金税額控除額=(税額控除対象寄附金額-2,000円)×40%
 ※控除対象額は所得税額の25%が、寄附金総額は年間総所得の40%が上限となります。

 

<所得控除>

 1月1日から12月31日までの寄附金総額から2,000円を差し引いた額が、

 その年の課税所得から控除されます。

 寄附金所得控除額 = 税額控除対象寄附金額 - 2,000円

 ※寄附金総額は年間総所得の40%が上限となります。

 

◆上記のいずれ制度を利用する場合も、控除手続きは寄附をされた年の所得にかかる確定申告(翌年の2月中旬から3月中旬)で行っていただくことになります。インターネット上で必要な書類をダウンロードすることができますが、実際に税務署への提出が必要です。

 

◆控除手続きに必要な書類は、寄附金の入金が確認され次第お送りします。

 

◆銀行振込の場合は、振込用紙上段の「寄附金振込受領書(領収書)」が控除手続きに必要な領収書となります。

 

※「学校の入学にかかる寄附金」に該当する場合は、上記の優遇措置を受けることができません。詳しくは国税庁Webページでご確認ください。

 

国税庁寄附金控除のページ

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1150.htm

国税庁確定申告のページ

http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei.htm

 

※各地方団体の条例により、道府県民税または市町村民税の控除の適用を受けることができる場合があります。詳細についてはお住いの役所にお問い合わせください。

 

 

(2)ご寄附者が法人の場合

 

<受配者指定寄附金>

 日本私立学校振興・共催事業団を通じて寄附金が指定した学校法人へ寄附いただく制度です。寄附金の全額が損金算入できます。

 

<特定公益増進法人に対する寄附金>

 学校法人南山学園は「特定公益増進法人」に該当しますので、一般の損金算入限度額とは別枠で損金算入が認められます。

  

 特別損金算入限度額=(資本金等の額×0.375%)+(所得の金額×6.25%)×1/2

 ※一般寄附金の損金算入限度額=(資本金等の額×0.25%)

                     +(所得の金額×2.5%)×1/4